2017年
5月2日
開院

人と人とのつながりを大切に、
自分らしく生きることを応援します。

ぴあクリニックが大切に考えていることPolicy

  • 皆さんが回復されて以前よりさらに自分らしく生きることを大切にします。
  • 話を丁寧にお聴きして理解を共有し、専門家として客観的な情報を提供した上で、ご本人の主体性を尊重し、話し合って方針を決めていきます。
  • 薬物療法が必要な時は、丁寧に説明したうえで、ご自身の自己決定を尊重し、自然回復力を妨げない必要最小限のお薬をお勧めします。
  • 経験豊かなスタッフが、共に生きるなかま(ぴあ)として、人と人とのつながりを大切にします。

院長 三好 裕子スタッフ一同

当院の特長About us

復職支援

復職支援に力を入れ、働くことを応援します。

うつ病の復職支援(リワーク)や、就労支援に力を入れています。自分らしい働き方を共に考えてゆきます。

準備中
家族の人形

思春期から認知症まで幅広く対応しています。

豊富な臨床経験を持ったスタッフが、思春期から、社会人、更年期、お年寄りまで幅広い疾患に対応しています。

診療内容
訪問看護

訪問看護や訪問診療、往診も行っています。

地域生活を応援します。
必要な場合には訪問看護ステーションからの訪問看護やクリニックからの訪問診療や往診を行います。

訪問看護
WRAP

当事者研究やWRAPを行っています。

人とのつながりを育んで、リカバリーを応援する当事者研究やWRAP(元気回復行動プラン)を行っています。
診療外ですので、ご自由にご参加ください。

WRAP

こんな症状でお悩みではありませんか?Sympton

眠れない

眠れない

やる気がでない気分が憂うつ

やる気がでない
気分が憂うつ

買い物が止まらない

買い物が
止まらない

パニックになる

パニックになる

周囲となじめず孤立しがち

周囲となじめず孤立しがち

人と接するのが恐い

人と接するのが恐い

悪口を言われている気がする

悪口を言われて
いる気がする

恐ろしい体験を思い出す

恐ろしい体験を思い出す

物忘れがひどい

物忘れがひどい

このような疾患の診療を行っています。

不眠症

寝付けない、夜中に何度も目が覚める、眠りが浅い、熟睡感がなく日中に眠いなどの症状がみられます。

詳しく見る

うつ病

悲しく憂うつな気分、何事にも興味や関心がわかない、生きる価値が感じられないなどの症状が2週間以上続きます。

詳しく見る

双極性障害

うつ病の症状と気分が高揚しテンションが高い、眠らなくても平気になるなどの躁状態を繰り返します。

詳しく見る

社交不安障害

人からどう思われているのか、周囲の視線が気になって、震えやめまい、動悸などの身体症状が出現します。

詳しく見る

パニック障害

突然、激しい不安に襲われて、動悸、呼吸困難、めまい、冷や汗、吐き気などの身体症状に襲われます。

詳しく見る

強迫性障害

手を洗い続けたり、鍵やガスの元栓の確認を何度も行ったりすることがやめられなくなってしまいます。

詳しく見る

PTSD

ひどく恐ろしい体験(事故や災害にあったり目撃するなどのトラウマ体験)が突然、心に侵入してくるように思い出されます。

詳しく見る

パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害は感情や対人関係の不安定さや衝動行為が特徴的です。空虚感が常にあり、感情的な危機が繰り返されることもあります。

詳しく見る

依存症

大量に食べては吐くことを繰り返す過食症、アルコール依存症、ギャンブル依存症、ネット依存症など現代人に多くみられます。

詳しく見る

大人の発達障害

場の空気が読むことが苦手で、対人関係がうまくいかずに悩んでしまいます。特定のことに強いこだわりがあります。

詳しく見る

統合失調症

「見張られている」「盗聴されている」などの妄想体験や、自分の悪口を言われているような幻聴など、恐怖感を伴う症状がみられます。

詳しく見る

認知症

加齢によるもの忘れとは違い、思考や記憶の能力が脳の障害により低下していく病気です。

詳しく見る